ぐらまらすふぁみりーきゃんぷ 家族でキャンプ!冬はスノーボード!快適に過ごす為の豆知識

家族全員が快適に、楽しいキャンプができる!初心者が初心者に教える豆知識、冬はスノボ!

寒いキャンプの暖房。カセットガスアウトドアヒーターCB-ODH-1で外でも寒くないかわいいアイテム

   f:id:home-run:20171027184818j:image

出典:アマゾン

 

寒い時期のキャンプ、皆さん暖房器具はどうされていますか?

我が家は今シーズン、イワタニのカセットガスアウトドアヒーターを購入しましたよ~。

キャンプで寒いのはつらいです。

陽が落ちると激寒。

足先の感覚がなくなって早くテントに入りたくなります。

寝る時も寒くて眠れない。

子どもが風邪をひかないか心配。

これからの季節は寒さ対策が必要ですね。

 

私たちファミリーキャンプではキャンプ場の選択からはじまります。

「AC電源付きサイト」は必須。

AC電源付きサイトであれば、テント内でホットカーペットや電気毛布を使用すればポカポカで就寝時の寒さもしのげます。

またコンパクトな電気式のファンヒーターやストーブなど、電源さえあれば暖はとれるので安心です。

電源なしサイトの場合ならどうするのか?

テントの中は暖かくても、外ではどうするのか?

せっかくのキャンプだから、外でゆっくりしたいです。

 

薪ストーブ、石油ストーブ、ガスストーブの3つが代表的なものであると思いますが、
あまり冬キャンプ慣れしていない私たちにとっては手強すぎる。

・薪ストーブ
薪を燃料としたストーブです。電気以外の中では一番暖かいとされています。
調理にも使用できるのですが、組み立てや煙突の設置などを考えるとなかなか手が出ません。
かなりハードルが高いです。


・石油ストーブ
昔ながらのストーブというか灯油を燃としているストーブです。
スノーピークから発売されているレインボーストーブなんかが有名ですよね。
これなら自宅で使用しつつ、キャンプの時も使用できると思いますが我が家はマンションで石油類を使用した暖房は禁止のため、購入してもキャンプの時にしか使用できないので見送りです。

 

・ガスストーブ
これは、カセットコンロやシングルバーナーなどと同じカセットガスを使用したアイテムです。

各メーカーから発売されています。家庭用からアウトドア用まで幅広く用途にあったアイテムがあります。

 

その中から、次のキャンプで使う為にイワタニのカセットガスアウトドアヒーター CB-ODH-1を購入しました。

 

 

簡単、安心、おしゃれ。1本で3時間いけちゃうカセットガスアウトドアヒーター


・イワタニ カセットガス アウトドアヒーター CB-ODH-1

 

屋外(アウトドア)専用のストーブ。
幅272×奥行200×高さ294mm
本体重量は約1.5kg。
連続燃焼時間:約3時間20分

連続燃焼時間とは、イワタニのカセットガスを使用した場合です。

カセットガス1本を使用します。

約3時間ちょっととありますが、いい条件の場合だと思うので、実際はもっと短いでしょうね。

 

ガス圧の強い球状バーナーとパラボラ反射板により、正面方向への集中的な暖房効果を発揮。

デザインが何と言ってもかわいいです。

モンスターズインクに出てきそうな感じの外観です(^^)

 

操作は説明書を見なくても良いといっていいくらい簡単でカセットボンベをはめるだけです。

   f:id:home-run:20171027203809j:image

カセットコンロと同じ点火方法です。

   f:id:home-run:20171027203825j:image

スイッチはONのみで、熱量の調整はできませんが、外での使用を想定したもので、熱かったら距離で調整するしかありません。
しかし重量が非常に軽く、移動が楽勝です。

 

このアウトドアヒーターは、室内を暖めるのではなく、熱が当たっている部分(一定方向)を温めるために使用するものなので、直接熱を受けれる場所にいる場合は温かく良い感じです。

心配なのは、火事や中毒ですよね。

寝る時は電気が安心。

テント内ではホットカーペットが一番いいですね。

このカセットガスアウトドアヒーターは3つの安全装置を搭載しています。

風で火が消えてしまった時に自動でガスを遮断します。

倒れたり、強い衝撃があった時にガスを遮断して消火します。

ボンベが熱くなり過ぎて圧力が急上昇した場合、本体からボンベが外れる仕組みになっています。

それでも屋外で起きている時に使うけどね(^^)

 

 

あえてコードレス。どこにでも持って行けて心強い暖房。

コードレスって結構重要。

電源がないキャンプ場多いです。

キャンプだけでなく、庭でちょっと仕事する時や、子どものスポーツの応援など、使える機会多そうです。

バーベキューやテラスでゆっくりしたい時に足が暖かいと寒さが和らぎます。

家の中で使えないのがデメリットではありますが、家ではエアコンを使う事にします。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
にほんブログ村