ぐらまらすふぁみりーきゃんぷ 家族でキャンプ!冬はスノーボード!快適に過ごす為の豆知識

家族全員が快適に、楽しいキャンプができる!初心者が初心者に教える豆知識、冬はスノボ!

BOAシステムとクイックレース。スノーボードブーツの選び方のおすすめポイントを解説します。

  f:id:home-run:20171109072424j:plain

 

【目次】

 

スノーボードブーツを購入する時の悩みは、ブーツの機能の種類や、サイズ感です。

ブーツの機能(ヒモの締め上げ)にはBOA、クイックレースがあり、サイズ感ではジャパンフィットやアジアンフィットという物があります。

これらを解説していきます。

スキー場に着いて、ブーツを履いた瞬間に「最高!」と思えるブーツを探したいですよね。

特に初心者にとっては、ブーツのフィット感で1日頑張れるか、スノーボードを続けられるか、好きになるかが大きく変わってきます。

 

スノーボードを始めた頃は紐タイプブーツでかなり苦労した事を覚えています。

ブーツを履くだけで一苦労。

それだけで汗だくになるくらい。

現在はBOAシステムやクイックレースシステムといった、その時の苦労や手間を劇的に解決してくれるブーツが現在は主流です。

特に初心者にとって、ボアシステムがおすすめです。

おすすめの理由は着脱が簡単なこと。

着脱が簡単ということは滑り出しと滑り終わった後が楽であるということは当然なのですが、締める事と解放がスムーズであることは少しの休憩やお昼ごはんの時などでも簡単にブーツを緩めてリラックスする事ができます。

クイックレースでは少し面倒くさいですが、BOAシステムなら全く問題なし。

そうすれば痛みや疲労の蓄積も他のブーツに比べて軽減することができるためです。

ブーツの機能3種を説明します。1番楽なのは?しんどい事はやめましょ。

 


ブーツの種類としては大きく3種類があります。

①ボアシステムブーツ

 



ボアシステムの特徴は、通常の靴紐部分がワイヤーになっていて、ブーツに固定されているコイル(ダイヤル)を回していくとワイヤーが締め上げられて固定されます。

紐がワイヤーになっているため、紐のように締め上げていくのではなく、コイルを回すだけで全体がみるみる締め上げられていきます。

最大の特徴はスピードです。

締め上げスピードもそうですが紐をほどく動作もコイルのロックを外すだけで簡単に解放されます。

着脱が簡単なので初心者には1番最適です!

デメリットとしては、締まり具合の微調整が他のレースや紐よりもきかない事ですが、初心者にとってはそこまでの精度はいらないと思います。

 


②クイックレースブーツ

 

 

クイックレースといって、通常であれば左右に締め上げるための紐があり、引っ張りながらブーツを締め上げていくタイプです。

ブーツを締める場合においては、BOAシステムとあまり変わらない手軽さで簡単に締めることができます。

ただ、レースを緩める際(ブーツを脱ぐ時)はロックを解除し自分でブーツを広げて緩めなくてはなりません。

BOAシステムであれば、脱ぐ時もロックを外せばある程度は解放されるのでその点では劣りますが、BOAシステムに比べて微妙な締め上げの調整が可能なので気になる方はこちらを選んだ方が良いと思います。

BOAが圧倒的に楽そうな感じはしますが、慣れれば殆ど気にならないと思います。


③紐タイプブーツ

 

昔からある通常の靴ひもなどと同じようなタイプのブーツ。

私がスノーボードを始めたのは20年前、その時にはボアシステムブーツやクイックレースタイプのブーツは存在していませんでした。

紐タイプブーツを使用している時は履く時も脱ぐ時も一苦労でかなりの時間と力が必要です。

よく男の人が女の人のブーツを締めている光景をよく見ました。

初心者で女性なら、良い加減に強く締められないです。

ブーツ選びで重要なことはフィッティングです。

 

 

履いてみないことには、自分の足とブーツが合っているのかわかりません。

が、ネットで購入する方が価格も安いしデザインの種類も豊富。

お店に行った時に、ブランドの履き心地の違い等を自分なりに覚えておくといいですね。

ブーツの横幅やつま先はどうなのか?

メーカーによって同じサイズでもフィット感は全然違います。
特に海外メーカーなどは外国人の足に合わせて作られています。(日本人に比べて横幅が狭い)
スニーカーを選ぶ際でも横幅が狭くて気になる方、各メーカーからアジアンフィットやジャパンフィットのモデルが販売されいて、通常よりも横幅が広く甲高に作られているものがあるので試してみてください!

通常モデルよりもかなり履き心地が変わりますよ!

参考までに私は典型的な日本人の足型というのでしょうか、横幅が広く甲高なためスニーカーなども通常の楯長さで合わすと、きついためワンサイズ上などを選んでいました。

逆にアジアンフィットなどを試すとワンサイズ下でも良いくらいジャストフィットのブーツを選べるようになりました!

特に足の横幅は人によって異なり、足の縦の長さは一緒でも、足の幅が広い人、幅が狭い人、様々です。

ブーツを履いた後、つま先を地面にノックするような感じで、まずはカカトが浮いていないかをチェックしましょう。

カカトが浮いていれば、足がブーツにフィットしていないということになります。

カカトが浮くということは、ブーツ内に余分な空間ができるため滑っている時に板の反応が足の動きに遅れるためイメージ通りに板を動かすことに支障をきたします。

初心者は特に、ブーツはがっちりフィットしている物を選びましょう(^^)

 

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村